ルテイン

ルテインとは

ルテインとは、高い抗酸化力を持つカロテノイドの一種で、ほうれん草やケール、ブロッコリーなどの緑黄色野菜や、卵黄、動物性脂肪などに多く含まれる成分です。私たち人間の体内器官や皮膚にも存在し、とくに、眼の水晶体と黄斑部に存在する主要なカロテノイドであるため、視機能が正常に機能するために重要な働きを果たしてくれるのです。


光に強いルテイン

光そのものを遮る能力をルテインは有していることを参照サイトが説明してくれています。。また、光の一部が細胞に達してしまい、細胞が直接光による酸化ダメージを受ける危険性が生じた場合でも、その抗酸化作用によってこれを防止します。つまり、二重の防御を用いて光から受けるダメージを防いでくれているのです。さらに、ルテインの視機能に対する貢献はこれだけにとどまりません。私たちの視機能に対して害を与える光線のなかでも、紫外線はとくに有名です。
しかし、紫外線よりもさらに有害な光線が存在していることを、皆さんはご存じでしょうか? それが、俗に「青い光」と呼ばれる光線です。紫外線が太陽から照射されるのに比べて、青い光は人工の光に多く含まれています。TVや蛍光灯、パソコンやゲームから発せられる光線がその代表的なもので、現代を生きる人たちにとって、避けることのできないものばかりではないでしょうか。

そして、ここで重要なことが、ルテインがその「青い光」を吸収してくれる役目も担っている、ということなのです。

ルテインが眼疾患を防ぐ

視機能にとって重要な部位である水晶体の働きをわかりやすく説明するなら、外部からの光を受けとめるレンズの役目、となりますが、その真後ろに位置する黄斑部と呼ばれる部位も、水晶体よりは馴染みがすくないですが、実は視覚機能にとってきわめて重要な部位なのです。
そしてルテインは、水晶体と黄斑部、このどちらにも存在しているのです。つまり、ルテインが光による酸化ダメージから水晶体と黄斑部を守っているとも言い換えられます。仮に水晶体と黄斑部にルテインが不足してしまうと、水晶体においては白内障、黄斑部においては加齢黄斑変性症(AMD)といった眼疾患リスクにつながることが実証されていることからも、ルテインが私たちの「目」にとってなくてはならない存在だということがわかります。

関連ページ

眼を元気にしよう!
アントシアニン
アントシアニンの眼への効用について
レスベラトロール
レスベラトロールの眼への効用について